FC2ブログ

建築家中村一幸、命を守る家・住まい・住宅の耐震改修・制震構造(大阪、京都、奈良、兵庫)
1982年以前の築23年以上たった耐震改修工事が必要な老朽化した家・住まい・住宅について、新しい制震構造技術を使ってより効果的にできる耐震改修事例を報告するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

悪質リフォーム以外でも、気をつけたい耐震改修工事費

改修前

改修前の築90年の京町や、いたみがひどい

改修後

耐震改修後、現代町屋に変身

『詳細な耐震改修、リフォーム図面や仕様書があっても見極めたい見積
書や施工業者の質』   

クライアントの主な要望は 
①町屋の再成、②耐震改修、③コストを抑る
④京都の業者さんを使ってほしいと言う事であった。

①から③までの要望については、設計歴35年のノウハウを駆使するので充分可能である事を伝える。
④については、③と関連するので業者の見積を比較する事で検証しましょうと伝える。

結果、お願いした5社の京都の業者さんの中味は、詳細な設計図もみないで耐震改修不可能ヌは新築以上の費用がかかるので改修不可能、なにも話さないで辞退等で4社。
1ヶ月近くかかって出していただいた、唯一の誠意ある業者さんの中味は設計積算費用 (計画事業費) の何んと2.4倍 (2500万) だった。
改修工事に伴う、リスク対応の費用を過大に見ているのが原因だ。

そこで見積業者さんを京都の業者さんに限定しない事、耐震改修工事に意欲的な業者を使う事等をクライアントに提案し了解を得る。
地域の垣根をはらって、見積ってもらった結果、1400万で見積UP契約となった。

なんと地域を限定した場合の見積業者さんとの差は1100万となった。

クライアントは、地域の業者さんのいやがる難しい耐震改修工事で1000万以上得して、耐震改修工事の事業をなしえる事になった。

建築家中村一幸は、設計歴35年のノウハウやPDCAサイクル手法(デミングサイクルとも呼ばれる)を駆使し、クライアントの物的質的儲け満足度をさらに検証するつもりだ。

スポンサーサイト




  1. 2005/12/04(日) 05:05:58|
  2. 建築方法|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。