FC2ブログ

建築家中村一幸、命を守る家・住まい・住宅の耐震改修・制震構造(大阪、京都、奈良、兵庫)
1982年以前の築23年以上たった耐震改修工事が必要な老朽化した家・住まい・住宅について、新しい制震構造技術を使ってより効果的にできる耐震改修事例を報告するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

賢く我が家をつくる方法を考える、その二

デミングサイクル


永年私は、日本の住宅の建築費は、極めて不透明であると思ってきた。

事実、ハウスビルダーで建てられた住宅の原価は、50%で粗利益50%と言われている。
1400万の住宅であれば、半分が利益となる勘定だ。
試行錯誤の合理化の結果だといわれれば、それまでだが
これらの講習ビジネスに、入会金500万円を払っても、工務店の入会は、
後をたたない現実が、これをうらずけている。

何かおかしい、
そこで私は、建築家とコラボレーションする木造2階建、
建築面積9坪のプロトタイプ型住居を
「1000万円でつくる、安くて高いこだわりの家づくり」プロジェクトと名命し、賢く我が家をつくる方法を考える、その二として提案したい。

このプロジェクトは、以下の条件を充足する事が最低限の条件である。

敷地は自己所有、面積66㎡(20坪)以上で間口は最低4.5M以上
建築基準法上、建築可能な敷地である事、大阪市内である事

こだわりのタイプ条件は、いくつかの種類に限定し明瞭化する事
例えば
高気密高断熱追求タイプ
いやし・安らぎを追求するタイプ
地震に対し安全追求、制震装置設置タイプとか


但し、建築費は建物と設計マネッジメント費に限定する。

この「1000万円でつくる、安くて高いこだわりの家づくり」プロジェクトに賛同興味のある方は、ぜひメールを下さい。
楽しい、価格の見える家づくりをいっしょに考えて見ませんか
スポンサーサイト




  1. 2005/08/16(火) 14:43:46|
  2. 建築方法|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://npnet.blog14.fc2.com/tb.php/6-a3d55fb9
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。